求人誌の見方とは?

真っ先にチェックするポイント

求人誌には企業の求人情報が記載されていますが、実際に働いた後で後悔してしまわないようにチェックするべき項目があります。まずは保険となり、社会保険完備という言葉を見たことがあるかと思います。この社会保険完備とは、雇用保険、厚生年金保険、健康保険、労災保険の4つが付いているということになります。義務付けされている保険としては、雇用保険と労災保険の二つとなり、厚生年金保険と健康保険が会社で加入できない場合もあります。そのため、まずは社会保険完備と記載されているかどうかを確認し、記載されていない場合は他の制度で補われているかどうかをチェックするようにします。また、契約期間短い場合でも雇用保険と労災保険に加入できない可能性もあるため、面接の際には確認をしておいたほうが良いでしょう。

保険の有無以外のチェックするポイント

重要となる給料ですが、手取りと額面の主に二つに分けることができます。まず額面となりますが、こちらは残業した分や手当などが計算されて出された金額となります。手取りとしては、額面から保険料などを引いた金額となり、自分の受け取れる金額のこととなります。手取りと額面の二つが記載されておらず、給与しか記載されていない場合もありますが、こちらは額面となることが多いようです。手取りの金額の目安としては、額面の8割程度と言われているため、把握しておいたほうが良いでしょう。給料の他にも、休みとして週休二日制と完全週休二日制のどちらかが記載されていることも多いがすが、違いを理解していない方も多いです。まず完全週休二日制としては、言葉の通り一週間の内必ず二日は休めることになります。週休二日制は一ヶ月の一周間で二日間休むことができますが、他の週では週に1日しか休めない場合もあるということになります。

© Copyright Applying For Jobs. All Rights Reserved.