ドライバー求人に応募するときのコツとは?

ドライバーの仕事とその特徴

タクシードライバーやトラックドライバー、さらにはバスドライバーや代行運転など、運転を基本業務とする仕事は数多くありますよね。それぞれに特徴や魅力があり、求められる能力も異なります。したがって、応募する際は、各ドライバーの特徴や必要な資格をしっかり把握してから選ぶようにしましょう。まず、タクシードライバーは運転技術だけでなく、接客業務のスキルも必要です。人と関わるのが得意な人に向いています。また、給与が出来高制の会社が多く、頑張れば頑張るだけ結果もついてくることが魅力です。
一方のトラックドライバーは、長距離と短距離に分けられます。長距離ドライバーは長時間の運転業務が続くので、根気が必要な仕事です。また、配送業務などの短距離トラックは、テキパキと動ける体力が求められます。

応募の際に心得ておくべきポイント

続いては、実際に応募する際の注意点やコツを紹介します。ほとんどのドライバー求人は、応募資格に必要な運転免許が記載されていますよね。ただし、タクシードライバーの場合は、入社してから免許を取得させる制度が整っている場合があり、免許がなくても応募可能です。また、ドライバーの仕事に多いのが、残業時間の扱い方です。特に配送業界は人材不足の影響で、時間外労働が多い会社がたくさんあります。家庭と仕事の両立を考えている方は、この点をしっかり確認してから会社を決めましょう。
また、配送ドライバーを希望している方で、これまでに経験がない方はルート配送がオススメです。不特定多数のルートを回る配送と異なり、毎回同じルートを走る業務が主体なので、初めての方でも安心して始められますよ。

© Copyright Applying For Jobs. All Rights Reserved.